top of page

発酵食品は何故?体に良いのかを、chatGPTに聞いてみました。

chatGPTに発酵食品の利点を聞いてみたら?感動のスピードと明確な回答が得られました。

改めて日本人の長寿の秘訣は当に日本食にあるのかな。。

そして今朝も朝食はキヌヤ発酵ラボの和ぐらん(酒粕グラノーラ)、

糀甘酒、ヨーグルト、バナナ、はちみつ、、

腸内環境を整えて、心と体が喜ぶ食事を摂取すると脳までご機嫌さんです。


以下chatGPTの説明です。

>>>

発酵過程において、微生物が食材の糖質やタンパク質を分解し、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸などの栄養素を生成します。例えば、ヨーグルトは乳糖を乳酸に発酵させることで消化しやすくし、カルシウムやビタミンB12の吸収を促進します。

また、発酵食品は消化を助ける効果もあります。発酵過程によって生じる酵素は、食材の消化を助け、食物をより効率的に吸収できるようにします。例えば、キムチやサワークラウトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を改善し、消化を促進します。

腸内環境の改善も発酵食品の利点です。発酵食品に含まれる乳酸菌やその他の有益な細菌は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善することで健康に貢献します。バランスの崩れた腸内細菌は、消化トラブルや免疫機能の低下などを引き起こすことがあります。

さらに、発酵食品に含まれる乳酸菌や微生物は、免疫機能の向上にも寄与します。腸内の善玉菌のバランスを整えることで、免疫系の調節に関与し、感染症やアレルギー反応のリスクを低減する可能性があります。

発酵食品の摂取は、消化や免疫の健全性に関連しているだけでなく、心血管疾患や炎症性疾患のリスクの低下にも関与しているという研究結果もあります。さらに、一部の発酵食品には抗酸化物質や抗がん作用を持つ成分が含まれます。



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page